月: 2021年5月

肌ニキビについて

私はかつて、ニキビで悩んでいました。常に頬に複数ニキビがある状態が3年くらいは続いていました。一つ治ったと思ったらまた一つとイタチごっこ状態でした。

ルメントホワイトニングジェル

飲食店のバイト先の店長にも指摘されるほどでした。側から見てもあまりいい気持ちではなかったと思います。

当時の私は本当にモテなかったのですが、過去の写真を見ると余りの肌の悲惨さにこれはモテなくて当然だと確信できるほどでした。あれやこれやと様々な薬や化粧品を試しましたが、一向に改善が見られませんでした。

肌のせいで、自分に自信がなく、なんとなく憂鬱な日々を送っていました。しかし、あれから5年たった今、気づけばニキビとは無縁になっていました。

この無敵の肌がいかに作られたのか。私もさほど意識はしてなかったのですが、いくつかの小さな心がけや気づきが習慣化して、今の肌につながっているのだと思います。それはまず、生活習慣です。かつての私は、砂糖・小麦粉依存症でした。砂糖と小麦粉を使った甘いスイーツが大好きでした。家では大量にパンケーキを作って食べていました。

また、チョコレートやクッキーなどの甘いお菓子も常に家に置いていました。しかし、ある時からネットで砂糖や小麦粉の有害性がささやかれるようになり、徐々に摂取する量を減らしていきました。もう一つは、肌に極力、化学物質を塗らないことです。私かつて、良かれと思い、肌に大量の化学物質を塗り込んでいました。化粧水に、乳液に、化粧下地にファンデーション。しかし、これは敏感な私の肌には害だったようで、全てを辞めました。そして、保湿、化粧下地はワセリンで一本化しました。

これにより肌がみるみるうちに蘇ってきました。本来のイキイキとした肌の美しさが取り戻されたようでした。このようなほんの小さな習慣で、美しい肌は作られるようです。

私は脱毛の経験があります。

私は脱毛の経験があります。しかしながら、なかなか全部を脱毛することができずに子供を産んで子育てに入ってしまいました。なので、全身脱毛はできていません。しかしながら私が今感じていることは、正直子供を産む前にもっとしっかり全身脱毛しておけばよかったということです。特に最近の人はほとんどの方が全身脱毛していると思うのですが、やっぱりなかなかできていないというところがネックになっていて、せっかくだったらやっておけばよかったなと思ってしまいました。

http://www.tonyb.org/

なんというかとてもつらいというか、周りの人はやっているのに自分だけできていないということがとてもつらいなと感じています。しかしながら今は時間が取れませんので、しかたなくそるしかありません。もう少しだけやっておけばこんなことにならなかったのになと悔やむばかりです。

しかしながらなんだかとっても全身脱毛には時間がかかりそうなので今はできないと思っています。もう少ししたらできるかもしれませんが、やっぱり大事なことは少しずつ少しずつ毛を薄くしていくことなのかもしれないなと思っています。もう少しだけ除毛クリームで沿って行こうかなとも思っていますがまだできていません。

顔の肌にハリを持たせシワの無い状態にするアプローチ

 顔は20歳前後を境に老化がジワジワと始まります。30代くらいまでならそれほど気にならない範囲ですが、だいたい40代になると、目じりの小じわや顔全体のたるみとほうれい線やほほのたるみ等が気になってきます。

http://soozfactory.com/

 エステに行けば顔の劣化(老化)のメンテナンスが出来るフェイシャルマッサージなどがあり、顔のコリと取って全体のたるみを引き締めて上に吊り上げられる効果があります…ですがエステに通う暇とお金がそこそこ必要なので、面倒くさがらないで毎晩の洗顔の後の基礎化粧品でのお手入れと、各種サプリメントを取る事をおすすめします。

 顔の肌に直接良いのは、オールインワンジェルで、主に肌に潤いをキープしてくれる物が主流です。細分化コラーゲン入りジェル・保湿効果の高いヒアルロン酸・ヒアルロン酸よりも保湿力が高いプロテオグリカン(魚のさけから取れる成分)・形状記憶ジェルなどでのアプローチが効果的です。

 サプリメントとしては、プラセンタカープセル(馬や豚由来)・すっぽんエキス入り錠剤・コラーゲンパウダー・飲むプロテオグリカンとコラーゲンドリンクもあります。コスパが良くて続けられるのがすっぽんのサプリメントでコラーゲンを体内から摂取すると肌のコンディションを保つ効果が期待出来ます。

肌質最悪

思えば、私はずっと肌質や肌のトラブルで悩んできた気がします。

評判通り?ロザリティウォータリーマスクを購入して使ってみた効果と私の口コミ体験談!

現在35歳ですが、小学3年生のときにニキビができた以降、約25年すっぴんの状態で「今日は肌の調子が良いな」と思った記憶もありません。若いころはとくにかく、ニキビに悩みました。母も気にしてくれ、数々の基礎化粧品、石鹸等を購入してくれたのですが、たいして効果があったものもありません。唯一、皮膚科で頂いたお薬だけは肌にあったようでニキビが少し落ち着いた記憶があります。が、それも長くは続きませんでした。成人してからは、エステも高級コスメ(いわゆるデパートコスメ)も試しましたが、それとって効果があったものもありませんでした。とにかく、化粧で厚塗り厚塗りで隠しています。現在は、肌の赤みとかゆみも加わりました。

もちろん、毎日ケアをしているのですが改善もしません。特に、生理前はひどいものですっぴんだと顔中が真っ赤です。油性肌かと思っていたのですが、頬は乾燥するのできっと混合肌なんだと思います。息子たちに遺伝せず、つるつるすべすべのお肌を見るととてもうらやましく思います。

確実に肌質が向上する化粧品や、サプリメントがあればぜひ利用してみたいと思いますが、現在まで本当にたくさんのものを試して改善しなかったため、購入前に「誇張広告だろうな」と思ってしまうんです。

口臭の原因もさまざま

口臭の原因もいくつかある。ストレスから胃酸がでていると、口臭もくさくなることがある。息が、苦そうな、なんともいえない、胃が悪い人のにおいになっている人に会うことがあったり、自分自身がそうなることもある。口臭の種類にもよるが、ちょっと苦いような胃が痛いようなにおいになったら、ストレスを減らすようにすることが必要だ。

アリートは販売店での市販なし…!

口臭の原因にもさまざまあり、その種類によって、対処は異なる。胃痛だけでなく、ニンニクの食べ過ぎやニラの食べ過ぎなども、口臭の原因になる。胃からきているときはタブレットを飲んだりして、胃にアプローチするのがよいだろう。

一方で、口の中の環境が悪く、匂いがでている場合もある。口の中がねばねばしていて、口臭もするときは、歯磨きをしっかりし、糸ようじを使ったあと、マウスウォッシュをしたりする方が効くだろう。歯磨きの後のマウスウォッシュは、口の粘り気をとってくれて、口臭に効果がある。

他人の口臭が気になるのは、人との会話があるときだ。コロナ禍により、他人の口臭が気になる機会は減った分、自分の口臭、家族の口臭がより気になるようになった人もいるかもしれない。これを機に家族で口臭ケアするのもありではないだろうか。