カテゴリー: 育毛

浮きがちな剛毛前髪との付き合い方

私の髪は太くて硬く、髪全体が浮きがちです。また、一度髪を縛ったり、髪を耳にかけるだけで癖がついてしまいます。

ヘアージュを購入して使用した効果と口コミを暴露します!

長年前髪なしのロングヘアーだったのですが、去年思い切って前髪を作り、ミディアムくらいの長さにしました。

まず困ったのは前髪がとにかく浮き、割れてしまうことでした。どう頑張ってセットしても、前髪は割れて浮いてしまいました。これが約1ヶ月ほど続きましたが、私もも根気強くセットし続けました。

セットの方法は、お風呂上りのドライヤーで前髪が浮かないように押さえつけながら乾かし、癖のついている生え際から反対に髪が流れるように乾かすというものです。

また朝のセットでも同様に行いました。

前髪割れる問題については約1ヶ月で解消されましたが、前髪が浮く問題に関しては現在も進行形です。

本当に困ったものですが、この点を利点として生かせるようにセットすることを覚えてから、自分の髪質とうまく付き合えるようになってきました。

浮く前髪のセット方法として、内側にカールするようにアイロンで巻くようにしています。内側に巻くことで、感覚ほど視覚では前髪が浮いているようには見えないです。

また利点としてこの髪質でよかったという部分があります。それは、おでこの上部側に前髪が接触していないことで、暑い時期など、汗をかくようになっても前髪がおでこに張り付くことがなく、前髪の形をキープできる点です。前髪の乱さずに汗を拭くことも可能です。

嫌だと思っていた自分の髪質でしたが、日々の努力と現代の技術、そして自分の髪をよく知ることでうまく付き合えるようになりました。

ノープーヘアケアと二度洗いどちらが髪にいい? 

シャンプーを使わずに洗髪を「ノープーヘアケア」。そして、汚れを残さず落とす「二度洗い」。どちらが本当に髪に良いのか、メリットとデメリットはどんなものでしょうか。

ノープーヘアケアのメリット・デメリット

シャンプーを使わない「湯シャン」です。これは、海外セレブの間でも大人気のシャンプー方法として有名です。シャンプーを使わないなんて抵抗があるかもしれませんが、「髪の調子が良くなった」というプラスの意見も多いのも事実です。

http://www.nefrologiapediatrica.org/

メリット

メリットは「髪や頭皮への負担が少ない」。高いシャンプーでも成分によって髪に良くないこともあるため、それを使うことで、それだけ負担になります。相性の悪いシャンプーを使用すると、使う度に髪のトラブルが悪化することがあるため、注意しましょう。

髪の汚れはゆるま湯で丁寧に洗えば十分に落ちます。「汚れ」への心配はなく、よりナチュラルなヘアケアができます。髪艶やしなやかさがでやすく髪質も良くなります。

デメリット

デメリットとしたら「向かない場合」があるという事です。ノープーヘアケアは確かに髪や頭皮に優しいです。しかし、やはりお湯だけではしつこ過ぎる汚れは完全に落とす事ができません。そして、頭皮の脂が出やすくなります。そのため、ガチガチのスタイリングを使用した時や1日中外で活動していた時などには、シャンプーを使い優しく頭皮を洗うといいです。

いきなりノープー生活に変えるのではなく、2日や3日に1回だけにすることやスタイリングをしない日だけとルールを決めてから始めるようにするといいです。

二度洗いのメリット・デメリット

二度洗いとは、シャンプーを2回する事です。ノープーヘアケアとは真逆の方法です。そんな二度洗いのメリット・デメリットがあります。

メリット

メリットは、「しっかりと汚れを落とすことができる」。ワックスや汗でベタベタになった髪も二度洗いすれば、ほとんどの汚れが落ちてしっかり頭皮をキレイにできます。洗い上がりのサッパリ感が高いものになり二度洗いのメリットです。ワックスやスプレーをよく使う方は、「二度洗い」は欠かせない方法になります。

デメリット

デメリットは「余分な皮脂を落とす」。余分な皮脂を落とすことで頭皮のバリア機能を低下させる原因になり乾燥や炎症が起こります。そして、洗髪時の摩擦が起こることで、髪質が傷みます。自分の髪質を知ると見分けることができます。