カテゴリー: ニオイケア

左右で違うにおいの謎

右脇と左脇で臭いが違うのはなぜでしょうか。もちろん日にもよりますが、左右で臭いが違うのです。私だけでしょうか。何となく、よく使う利き手側の方が汗をかきやすく

、臭いも出やすいのかなと思いきや、私の場合利き手ではない方の左脇の方が若干臭いが気になるのです。動かさないから逆に臭いがこもるのでしょうか。もともと汗をかきにくい体質で、暑くても熱を体内にとどめてしまって顔や体が真っ赤になり、体温が上がります。

プルーストクリーム

なので脇汗がすごく気になるというわけではないのですが、だからこそなのかもしれないですがふとした時に臭いが気になります。特に左側。病院に行ったり調べたりするほどではないかなと、見て見ぬふりというか、気になって気にならないふりをしていますが、改めてみると謎です。ちなみに左右で汗の量に差はないように思います。臭いだけ左右非対称なのです。そういう方、他にもいらっしゃるのでしょうか。これが普通なのでしょうか。

年齢に関係するのでしょうか。気になりだしたのはいつだったか…確か20代を半分過ぎたあたりだったような。やはり何事も年齢による変化ってあるものなんだなと実感します。しかもそれらがだいたい25歳を過ぎたあたりから。意識しないといけない年齢です。

デリケートゾーンのケアにはどんな方法がある?

 女性にとって相談しにくい臭い、と言えばデリケートゾーンの臭いです。生理前後やおりものなど、女性特有の悩みによって臭いが発生してしまい、悩まされている人も多いのではないでしょうか。近年はこうしたデリケートゾーンの悩みに注目したケア商品が多数販売されています。では、どんなケアを行えばよいでしょうか。

薬用スクラボは評判以上!私の口コミ体験談と効果をレポート!

 デリケートゾーンのケア商品で特に人気があるのは「石鹸」によるケアです。一般的に市販されているボディソープでの洗浄は、沁みたり痛みを生じさせがちです。デリケートゾーン専用の石鹸は優しい泡で洗うことが出来るので、丁寧に洗浄することが出来ます。

また、黒ずみのケアも可能です。デリケートゾーンの臭いがどうしても気になる、という方にはサプリメントも販売されています。これは乳酸菌などが配合されており、気になる部位の臭いを身体の内側からコントロールする方法です。

善玉菌の増加により臭いレスになるので、近年石鹸と併用する方も増加しています。出先でちょっと臭いが気になる、そんな時には専用のウェットティッシュも販売されています。出先での気になる臭いにふき取るだけでケア出来ます。ドラッグストアなどで販売されているので、気軽に購入が可能です。バッグに忍ばせて置くと良いでしょう。