カテゴリー: ダイエット

学生の頃、外食・ジャンクフードで激太り!

学生の頃は、バイトと専門学校で忙しくしていました。家に帰るのは、寝に帰るくらいの感じでいました。私は小さいころ母を亡くしていたので、家でご飯を作って待っていてくれる・・なんてこともありませんでした。そのため、忙しい時は簡単に済ませてしまうことが多かったのです。コンビニ弁当や牛丼の持ち帰り、ジャンクフードが主な食事でした。一時期、すき家の高菜明太マヨ牛丼にドはまりして、夜のバイトが終わってから深夜に食べていました。

ベルミススリムレギンスは店舗で市販されている?お得な購入方法や使用した口コミ・感想などをご紹介!

牛丼のおかずにフライドポテトやナゲットを食べていました。すると、2か月くらいで8キロ太ってしまったのです。バイトで動くとは言っても、やはり深夜の寝る前にヘビーなものを食べ続けるのはいけなかったのですね。ある時、バイトで着ていた制服がきつく感じ太ったことに気が付きました。太ったことに気が付くと、動くのも重く感じて「これではだめだ!」と危機感を感じました。

ダイエットをしよう!と決めました。ダイエットと言っても時間をとって運動やストレッチをする暇がなく、「食べない!」という選択しか思いつきませんでした。しかし、今までたくさん食べてきたのに、絶食というのはとてもきつく、我慢できなくなった時に反動でたくさん食べてしまいます。だから、絶食ではなく食べる時間を変えようと考えました。そして、1日水を2リットル飲むことにしました。水を飲むことで、体内の水分の循環もよくなると聞いたので始めました。

始めのうちは、1日に2リットルも飲むのはつらく感じました。トイレもいつもより多くいくようになったので面倒に感じましたが、トイレに行くことにより循環ができているようです。食事も、朝ご飯をしっかり食べて夜もバイトが始まる前に食べるようにしました。

深夜に何か食べたいと思っても、水を飲み食べることはしませんでした。努力の甲斐あって、役3か月で前の体重まで戻りました。しかし太るのはすぐなのに、痩せるのは時間がかかるし大変だと身をもって感じました。しかし、時間のない人でも水を飲むだけでダイエットが始められるので、1日2リットルの水飲みダイエットはおすすめです!

ダイエットをするときには

良いダイエット方法はないかといろいろと考えるよりもとにかく食事を抑えたりとか、筋肉トレーニングなどをしたほうがメリットがあることは間違いないです。案ずるよりも産むが易し、という言葉がありますが、これは大よそダイエットにも当てはまることであると言えるでしょう。ダイエットをしようとするときにはまずはどのくらいを目標にするのかということを考える必要がありますし、運動もかなり継続的に行う必要性があります。

パエンナキュット

一番オススメできるのが実は踏み台昇降運動です。家で出来ることになりますし、それはそこそこ運動量の多いことになりますから、大抵の人にはダイエット効果が期待できます。そして筋肉トレーニングもしましょう。筋肉トレーニングをするということによって筋肉量が増えていくわけですがこれがどうしてダイエットにつながるのかと言いますと筋肉というのは維持するだけでも相当にカロリー消費が行われることになりますから、注意が必要でしょう。

ダイエットというのはカロリーを減らすことがとにかく重要なことになりますから、運動と食事をしっかりと考えることです。どうしても運動ではあまりカロリー消費ができないと思ってしまいがちですが意味はあるのです。