肌ニキビについて

私はかつて、ニキビで悩んでいました。常に頬に複数ニキビがある状態が3年くらいは続いていました。一つ治ったと思ったらまた一つとイタチごっこ状態でした。

ルメントホワイトニングジェル

飲食店のバイト先の店長にも指摘されるほどでした。側から見てもあまりいい気持ちではなかったと思います。

当時の私は本当にモテなかったのですが、過去の写真を見ると余りの肌の悲惨さにこれはモテなくて当然だと確信できるほどでした。あれやこれやと様々な薬や化粧品を試しましたが、一向に改善が見られませんでした。

肌のせいで、自分に自信がなく、なんとなく憂鬱な日々を送っていました。しかし、あれから5年たった今、気づけばニキビとは無縁になっていました。

この無敵の肌がいかに作られたのか。私もさほど意識はしてなかったのですが、いくつかの小さな心がけや気づきが習慣化して、今の肌につながっているのだと思います。それはまず、生活習慣です。かつての私は、砂糖・小麦粉依存症でした。砂糖と小麦粉を使った甘いスイーツが大好きでした。家では大量にパンケーキを作って食べていました。

また、チョコレートやクッキーなどの甘いお菓子も常に家に置いていました。しかし、ある時からネットで砂糖や小麦粉の有害性がささやかれるようになり、徐々に摂取する量を減らしていきました。もう一つは、肌に極力、化学物質を塗らないことです。私かつて、良かれと思い、肌に大量の化学物質を塗り込んでいました。化粧水に、乳液に、化粧下地にファンデーション。しかし、これは敏感な私の肌には害だったようで、全てを辞めました。そして、保湿、化粧下地はワセリンで一本化しました。

これにより肌がみるみるうちに蘇ってきました。本来のイキイキとした肌の美しさが取り戻されたようでした。このようなほんの小さな習慣で、美しい肌は作られるようです。