日焼け対策について

夏は日差しが強く、紫外線対策をしたり日焼け止めを塗っても肌のヒリヒリ感があり、悩むことが多いです。日焼け後の肌は軽くやけどをした状態と同じで、炎症を起こしているとも言えるそうです。私は日焼け後のケアを怠っていたのでお風呂などでお湯で洗い流すと肌が痛く赤く腫れて皮膚がむけてしまうこともありました。
そんな私が始めた日焼け後のケアをお伝えします。

辛口レポ!ヒメルファンデーションの悪い口コミや評判を検証してみた結果…!

まず、「冷やす」ことが重要です。コロナ禍の今は家に帰ってきたらまず手を洗う方が多いと思いますが、その時に手首や首、外に出る時間が長い時は顔まで冷水で流します。これだけで私は皮膚の炎症を抑えることができたように感じます。またスプレーなども販売されていますから、使用するのもいいかもしれませんね。次に、お風呂などに入った後に日焼けした部分に必ず保湿をします。

この作業も確かに重要ですが、個人的には帰ってきてすぐに日焼けした部分を冷やすことがよく効いたなあと感じています。
よって私が日焼けしないようにするために行うことは
1まずしっかり日焼け止めを塗ること。たっぷり塗ります。出かける30分前に塗るようにしています。

2帰ってきたら日焼けした部分を洗い流したり、冷やしたりします。これが重要です。
3保湿を行います。
と大きく分けて3つになります。